メニュー

女性だけが肌が衰えてしまって、たるんでしま

女性だけが肌が衰えてしまって、たるんでしまったりほうれい線が出来てしまったりするわけではありません。
男性も肌がたるみやすく、ほうれい線になるのです。

男性も肌がたるんでしまうだけでも、老けて見えてしまいますし、健康ではないように見えてしまいやすいですので、営業などでの印象が悪くなってしまうことだってあるのです。

女性と比べると男性のほうが皮膚の皮が厚いですので、あまり肌トラブルにならないような印象の人もいるかもしれません。

ですが、普段の生活習慣が原因で男性のほうが肌が衰えやすく、たるみやすいといわれています。

男性の場合、どのような原因でたるみやシワができてしまうのでしょか?

・男性のたるみやシワが生じてしまうメカニズム
40代になってくると、男性は目の下からだんだんたるんでいきます。
目元というのは、顔の中で皮膚が薄くなっていますし、筋肉も余りありません。
ですので、顔のほかの部位よりも早く肌がたるみやすくなっているのです。

私たちの肌というのは、3構造になっており、上から表皮・真皮層・皮下組織に分かれています。
この中の真皮層といわれるところには、肌に針と弾力を与えているエラスチンやコラーゲンなどといった成分が含まれているのですが、このエラスチンやコラーゲンが少なくなってしまったり変質してしまうことによってたるんだりシワになってしまうのです。

・何が原因でたるみやシワができるのか?

肌のたるみやシワというのは、内的要因と外的要因に分かれます。

1.外的要因
外的要因として多いのは、紫外線です。
女性と比べると男性というのは紫外線対策をしていませんし、メイクだってしていないわけですから、肌にダイレクトに紫外線を浴びてしまいます。
ファンデーションというのは化粧をするときに用いるものだと思っている人も多いと思いますが、実は紫外線から肌を保護する役目もあるのです。
ですので、男性よりも女性のほうが紫外線による影響を受けにくいといえます。
そのため、最近はメンズ用のファンデーションも販売されているのです。

男性の肌は女性の肌よりも上部ですが、それでも紫外線を直接浴びてしまうと、それだけダメージを受けることになり、40代くらいになってからその影響が肌に現れてしまいやすいのです。

紫外線というのは、A波、B波、C波というものがあるのですが、この中で肌の奥まで照射してコラーゲンを破壊し、たるみの原因を作り出してしまうのは、A波といわれる紫外線です。

そして、B波というのは、肌に炎症を引き起こしてしまう紫外線になっています。
日を浴びすぎると日焼けになってしまうのですが、この日焼けというのは、B波を浴びることによって生じているのです。

紫外線以外にも、乾燥というのも外的要因の一つといえるでしょう。
肌の毛穴から肌の中にある水分が蒸発されているのですが、紫外線や乾燥した環境、加齢などでどんどん肌から水分が蒸発してしまうと、肌の中の水分が失われてしまったり、肌の再生力に支障が生じてしまうのです。
ですから、男性の場合も、しっかり保湿をする必要があるのです。

2.内的要因
内的要因としてどのようなものがあるのかというと、代表的なものとして活性酸素が上げられます。
タバコを吸っていたり、添加物が含まれている食べ物を食べる、ストレスを感じると、体の中で活性酸素が作られます。
そして、この活性酸素が真皮層のエラスチンやコラーゲンを壊してしまって、肌が衰えてしまうのです。

ストレスというのは、活性酸素を作り出すだけではなく、ホルモンバランスが崩れてしまいやすくしてしまいます。
さらに、ストレスをためてしまっていると、線維芽細胞といわれるコラーゲンなどを作り出している細胞の働きが低下してしまって、新陳代謝が下がりやすくなってしまうのです。

男性は女性よりも仕事が忙しい人が多いですので、たまには息抜きをするようにしてストレスがたまらないようにしていかなくてはなりません。
よく読まれてるサイト⇒ほうれい線

以前はエステサロンというと、女性が利用するものだったのですが、男性専用のメンズエステサロンや美容クリニックも増えてきています。
それに美容クリニックの場合は、ちゃんとした医療機関ですから、特に気にすることなく脚を運ぶことが出来るようになっています。

美容クリニックで男性の肌のたるみやシワの治療をしていく場合、ジェネシス治療やテノール治療が行われることが多いです。

テノール治療というのは、いわゆる高周波治療になっており、肌の奥にある真皮まで高周波を送ることが出来ます。
この高周波によって、線維芽細胞に刺激を与えて、コラーゲンの生成を促したり、代謝を促進させることが期待できるようになります。

そして、ジェネシス治療というのはレーザー治療になっており、レーザーで肌をピーリングして、肌を引き締めたりたるみを解消していくことが期待できます。

エステサロンや美容クリニックで、多額のお金を支払って治療をしていかなくても、自分でセルフケアをしながら、たるみやシワの解消をしていくことも可能です。

男性の場合、普段から髭剃りをしますよね。
かみそりを使うにしても、シェービングを使うにしても、ヒゲだけではなく、肌の表皮も削りますので、肌に負担をかけてしまうことに変わりありません。

髭剃りをすることによって、角質がぼろぼろになってしまいますし、シェービングローションはアルコールが含まれており、アルコールと一緒に肌の水分も蒸発してしまうことになります。

シェービングローションを肌に塗るとスーッとしますが、これはアルコールがシェービングローションに含まれているからなのです。
ですので、シェービングローションを使うのではなく、美容液や乳液などを塗るようにして、保湿をするようにしたほうが、肌の常態を改善しやすくすることが出来るようになります。

男性のほとんどの人は、毎日スキンケアをしていないでしょうし、このように肌に負担をかけやすい生活をしています。
ですので、乳液を使うようにするだけでも、肌環境を改善させていくことが可能になっています。








女性にとってコラーゲンは、美容と健康を維持するため、また若々しさを保つために積極的に摂取したい栄養素でありますが、妊娠中の女性に限っては摂取の方法に注意が必要です。
妊娠中の女性がコラーゲンを摂取するにあたり、どのようなポイントに注意すべきなのか知っておく必要があります。おなかの胎児へ悪い影響を及ぼさないためにはどうしたら良いのでしょうか。

@かかりつけの専門医に相談する
妊娠するまで使用していたコラーゲン、またはこれから使用し始めたいコラーゲンがあるのであれば、その商品の詳細をかかりつけ医に報告してみましょう。コラーゲンは身近な栄養素ですが、毎日一定量を摂取するとなると、医師に相談するに越したことはありません。

A大豆イソフラボンに注意
大豆イソフラボンを含む食品や飲料の中には、妊娠中や授乳中の方の摂取を禁止する注意書きがされているものもあります。実は大豆イソフラボンを過剰に摂取すると、動物によっては卵巣や精巣などの生殖器官に悪い影響を与えることがあるのです。
現在、人間のあかちゃんへの影響は明らかになっていないのですが、これらのことを踏まえ、大豆イソフラボンを摂りすぎないよう注意しましょう。

B成分表示をしっかり読む
コラーゲンにはサプリメントタイプやドリンクタイプなどがありますが、その容器やメーカーの商品紹介サイトに掲載されている成分や注意書きを、しっかりチェックしておきましょう。
妊娠中には服用できない成分が入っている物があっては大変危険なので、そのような成分がないことを確かめておく必要があります。
製品の製造元に直接問い合わせることも非常に安全な方法です。
将来的に妊娠を望む女性や、妊娠の可能性のある女性にも是非チェックしてほしいポイントです。


TOP PAGE